鍼灸 针灸 東京 京王線 東京つばめ鍼灸 美容 中国 治療 効果 口コミ 名医 針 腰痛 頭痛 深針 おすすめ
 

 

 
 

更新情報

2016.6.22

HPをリニューアルしました。

2016.6.25

『中華医薬』に学ぶ「腎臓病の予防と治療」追加。

中医翻訳家でもある浅野周先生が創始した北京堂治療(浅野式治療)をベースに、安全かつ効果的な鍼灸治療を実践しています。日本でよくみられる経絡治療や弁証治療、トリガーポイント治療、漢方薬治療、専門外来治療などで全く改善しなかったケースにおいても、当院では改善させることが可能です。当院で治せる疾患は主に突発性難聴、メニエール病のほか、慢性頭痛や首肩こり、腰痛、背部痛、膝痛、肘痛、腱鞘炎、ムチ打ち症、生理痛、生理不順、各種スポーツ障害などです。特に機械的牽引によって引き起こされる慢性的な疼痛や、運動器系疾患などの治療を得意としております。 
当院の特徴LinkIcon使用鍼についてLinkIconご予約についてLinkIconアクセスLinkIcon当院施術規定LinkIcon営業時間LinkIcon施術料金LinkIcon保険治療についてLinkIcon来院時の注意事項LinkIcon当院の衛生管理LinkIconよくある質問LinkIcon鍼灸治療のQ&ALinkIcon実際の臨床例LinkIcon院内の様子LinkIcon当院と同様の治療が受けられる鍼灸院LinkIcon自賠責保険の治療LinkIcon院長プロフィールLinkIcon


以下の内容は インチョーのブログ(表)から随時転載しています。ブログで読者登録して頂くと、最新の内容を手軽にご覧になることが出来ます。
『早発閉経の予防と治療』LinkIcon
『結石の予防と治療』LinkIcon
『腎臓病の予防と治療』LinkIcon

2012年秋、はじめての北京

2012年秋、初の北京入り。師匠との北京フリーツアー第一弾。カ〇メトラベルの担当者に安くて良いと勧められるがままに選んだPK(パ○スタン)航空が4時間も遅延、さらに機内で客がCAをどつく半乱闘騒ぎで墜落を覚悟する。画像は王府井の広場で夜間にタコ踊り(广场跳舞)する人々。(危険度★★★★★/面白度★★)

2013年秋、再び師匠と北京へ

2013年秋、師匠との北京フリーツアー第二弾。前回のPK航空の騒動に懲りたゆえ、今回は少しリッチにA〇Aツアーで長冨宮飯店(ホテルオークラ)に泊まる。尖閣問題とPM2.5で危険度UP。Amazonで買ったN95マスクがパチもんで、不安度もUP。画像はホテルのカフェで偽マスクを片耳に引っ掛けたまま、嬉しそうにくつろぐ師匠の図。(危険度★★★/面白度★★★★)

2014年真夏、単独北京へ

2014年夏、某フリーツアーにて初の単独北京入り。画像は四川料理店が150軒以上集まる东直门(東直門)の鬼街(guijie)。この通りにある某飲食店で、中国で初の屈辱を味わう。中国語学習に火が付くキッカケとなった、忍耐の一人旅。(危険度★★★★/面白度★★★★★)

2015年冬、こびとと北京へ

2015年初冬、J〇Bのフリーツアーにて嫁と北京入り。ANAの往路便が遅延してくれたせいで終電を逃し、中国名物黑车(ボッタクリ違法タクシー)を初体験。画像は某百貨店の化粧品コーナーにて、大胆にも着ぐるみを脱いで休憩する「中の人」の図。(危険度★★★★/面白度★★★)