• HOME
  • >
  • その他の症状(難病など)

疫学:漠然とした身体的愁訴のことで、愁訴を説明するに足る医学的根拠が無いものを指す。自律神経失調症とほぼ同義である。愁訴によって、本態性自律神経失調型、心身症型、神経症型に分類される。めまい、倦怠感、頭重、頭痛、動悸などが好発する。
原因:不明。
一般的な治療法:薬物療法、心理療法、行動療法など。
当院の治療法:検査しても何ら異常がみられなかったような、器質的異常のない愁訴であれば、当院の鍼治療は有効です。しかし、基礎疾患として精神疾患があったり、向精神薬などを服用している場合は、当院のような鍼灸治療は有効ではありません。基本的には自律神経を整えるため、頭部、頸部、背部へ刺鍼します。原因疾患のない倦怠感や頭痛、頭重、動悸、めまいなどには針治療が有効です。しかし、薬物中毒や精神疾患によるような症状については、当院では改善させることが出来ません。うつや倦怠感に関係するセロトニンは、約90%が腸粘膜のクロム親和性細胞に存在します。したがって、赤身の魚や肉類、納豆などを食べて、必須アミノ酸であるトリプトファンを摂取し、セロトニンが生合成されるよう促すことも重要です。セロトニンは平滑筋を収縮させる作用があるため、腸管運動に重要な役割を果たしていますが、同時に伝達物質として錐体外路系に作用し、体温調節や睡眠、摂食抑制、攻撃行動、幻覚などに関与しているとされます。腸内環境をより良く保つため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品も毎日摂取することが重要です。また、鍼灸治療を定期的に行うことで、全身の血流を改善し、自律神経やホルモンのバランスを整え、免疫機能を向上させ、ストレスや外的環境の変化に強い体を維持することが可能です。週4~6日程度、15~30分程度のウォーキングなどの軽い有酸素運動をすることで、全身の血流を改善し、症状を軽減させたり、予防することができます。ウォーキングや腹巻の装着以外にも、腹部を毎日ゆたぽんのようなホットパックで温めるのも良いでしょう。さらに、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べて腸内環境を整え、免疫機能の向上とホルモンバランスの改善を図りましょう。しかしながら、重症患者において最も最優先すべきことは、食品添加物や薬物、農薬をできるだけ排除し、安全な食べ物を食べることです。多くの日本人はメディアの影響で食品添加物や薬物、農薬、枠賃の恐ろしさについて無知ですが、いわゆる現代病、過去に存在しなかった難病の類には、多様な炎症傾向が共通しており、薬物や重金属類が常時体内に残留していることによる影響であろうと推察されます。薬は基本的に毒物ですので、薬で治そうという発想自体が異常であることに気が付き、食品添加物や各種薬物、枠賃について詳しく調べ、毎日無意識に摂取している毒物を排除することに意識を向け、それらを避けることなくして真の健康を得ることはできないと自覚する必要があります。そうすることで、鍼治療の効果を最大限に発揮させることが可能です。
 

疫学:睡眠障害がある状態のことで、入眠障害、熟眠障害(中途覚醒)、早期覚醒に分類される。
原因:騒音などの外的要因、身体疾患、脳器質性障害、躁うつ病や神経症などの精神疾患、アルコール中毒、薬物中毒など。
一般的な治療法:原疾患がある場合はそれに応じた治療。
当院の治療法:外的要因が著しい場合や、脳に器質的障害がある場合、精神疾患がある場合、薬物中毒がある場合、睡眠薬や精神安定剤などを長期間服用している場合などは、基本的には鍼灸治療だけでは治すことは出来ません。鍼灸治療が有効な不眠症は、精神的または肉体的ストレスなどによって、頸部や背部に強いコリが見られ、自律神経が不安定になっているようなケースです。この場合、頭部、頸部、背部への刺鍼によって、不眠症を改善させることが可能です。また、より良い睡眠をとるためには、腸内環境を整えることが重要です。赤身の魚や肉類、納豆などを食べて必須アミノ酸であるトリプトファンを摂取し、セロトニンが生合成されます。セロトニンの90%は腸粘膜のクロム親和性細胞、8%は血小板、2%は視床下部や松果体などの中枢神経系に存在します。セロトニンは平滑筋を収縮させる作用があるため、腸管運動に重要な役割を果たしていますが、同時に伝達物質として錐体外路系に作用し、体温調節や睡眠、摂食抑制、攻撃行動、幻覚などに関与しているとされます。睡眠に関しては、トリプトファン→セロトニン→N-アセチルトランスフェラーゼ→N-アセチルセロトニン→ヒドロキシインドール-o-メチルトランスフェラーゼ→メラトニンの機序が体内生物時計の制御に関与していると考えられ、腸内セロトニンに分泌を促すことで、脳内セロトニンが分泌されやすくなり、セロトニンによってメラトニンが生成され、眠気を感じるようになります。したがって、発酵食品を毎日摂取することは睡眠改善に役立ちます。また、鍼灸治療を定期的に行うことで、全身の血流を改善し、自律神経やホルモンのバランスを整え、免疫機能を向上させ、ストレスや外的環境の変化に強い体を維持することが可能です。週4~6日程度、15~30分程度のウォーキングなどの軽い有酸素運動をすることで、全身の血流を改善し、症状を軽減させたり、予防することができます。ウォーキングや腹巻の装着以外にも、腹部を毎日ゆたぽんのようなホットパックで温めるのも良いでしょう。さらに、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べて腸内環境を整え、免疫機能の向上とホルモンバランスの改善を図りましょう。ちなみに、不眠症患者に顎関節症がみられる場合は、交感神経を鎮めるため、顎関節への刺鍼が必須となることが多いです。本来、顎関節症の主な症状は、歯を強く食いしばることによる側頭筋の痛み、顎の痛み、開口時のクリック音、開口障害などですが、副次的な症状として手足の冷え、イライラ、不眠症、自律神経失調などもよくみられます。ある病院での実験によれば、食いしばりや歯ぎしりが常態化した患者は、サーモグラフィ画像で全身の状態を観察すると、手足の体温が低下していることがよくあるそうですこれはつまり、食いしばりや歯ぎしりによって交感神経が優位になり、末梢血管が収縮したことに原因があると推察されますが、これらが常態化すれば、手足の毛細血管が減少したり、慢性的な血液循環不全が起こり、手足の冷えだけでなく、手足の肌荒れ、爪の異常、水泡、感染などが副次的に発生することがあります。また、自律神経が不安定になり、手足が冷えるようになれば、当然ながら睡眠の質が低下しますので、不眠症になり得ます。したがって、歯ぎしりや食いしばりが常態化した患者においては、手足の冷え、手足の肌荒れ、繰り返す足の蜂窩織炎、不眠症などは、薬物治療、局所的な治療、対症療法的な治療で完治することは難しく、顎の治療を最優先しない限り、進展がみられないことがよくあります。
 

疫学:関節部に慢性の退行性変化および増殖性変化が同時に起こり、関節が変形する病態。関節軟骨の摩耗・欠損・肥大・増殖のち骨棘形成に至る。また、滑膜の増生、関節包の肥厚、委縮、関節部の腫脹などが出現し、関節のこわばり、運動時痛、可動域制限、疼痛、軋轢音が見られる。X線像では骨棘形成、関節裂隙の狭小化・消失、嚢胞形成などが認められる。
原因:老化、過度な力学的ストレス、外傷、形態異常、代謝異常など。
一般的な治療法:理学療法、赤外線などの温熱療法、筋力強化、運動療法、装具療法、薬物療法(非ステロイド性消炎鎮痛剤など)などの保存療法が中心となる。著しい変形、機能障害を来す場合は関節固定術、関節形成術、骨切り術、人工関節置換術などが行われる。
当院の治療法:関節部の変形が激しい場合は手術が優先となります。しかし、変形が軽微で、医師から経過観察と告知された場合は、鍼灸が有効です。また、手術後に肩の痛みやこわばりが取れない場合や、予防的に筋肉をゆるめたい場合なども針治療は有効です。肩関節の場合は、肩関節を構成する筋肉のうち、最もコリが強い部分を中心に刺鍼します。痛む部位が漠然としていて、肩の奥が痛むようなケースは肩甲下筋が悪いことが多いです。肩の前中部表面が傷む場合は三角筋、肩後部表面が痛む場合は小円筋、大円筋、三角筋後部が悪いことが多いです。整形学的には棘上筋損傷が多いとされますが、実際には肩甲下筋と三角筋の損傷が多いようです。三角筋は収縮力が強いため、刺鍼時の痛みも強いです。股関節の場合は殿筋中心に刺鍼しますが、腸腰筋のコリが影響しているケースが多いため、罹患部が両側にある場合は、伏臥位と仰臥位の2コマ1セットか、側臥位2コマ1セットが必要です。しかし、股関節は重症であればあるほど、刺鍼後のダメージが大きいため、初診時は基本的に片側だけの刺鍼で様子を見ます。一般的には、施術後30分~24時間程度は、びっこを引いて歩く感じになりますので、心配な方は杖を持参されるか、誰かに迎えに来てもらうのがベストです。膝関節も主として関節を構成している筋肉へ刺鍼しますが、膝痛が長期にわたっている場合は、腰部や臀部の筋肉が強く委縮していることが多いため、下半身全体の治療が必要になる可能性があります。腸骨筋刺鍼は腰痛や股関節痛に劇的な変化をもたらす反面、刺鍼時の痛みが激烈であるため、耐えがたい場合は、ゆるめの刺激で回数を分けて治療するしかありません。この場合、ある程度症状が改善するまで半年~1年近くかかることもあります。特に、太っている患者の場合、体重を落とさない限り関節への負荷が減少しないため、完治しないことがあります。この場合、針治療はあくまで対症療法になります。リハビリとしての筋力トレーニングは、ある程度鍼治療で痛みが減ってから開始します。股関節痛や膝関節痛の場合は、リハビリとして、転倒しにくく、水圧が適度にかかる温水プールでの歩行がお勧めです。
 

疫学:主に関節、筋肉などの運動器疼痛、変性疾患の総称で、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus、SLE)などの膠原病、変形性関節症、慢性肝疾患などでリウマトイド因子が陽性の場合、リウマチと称することがある。いわゆる臓器非特異的自己免疫疾患のこと。30~50代の女性に多い。
原因:不明。免疫系が異常を起こし、IL-6やTNFαなどのサイトカインが過剰に産生され、炎症傾向を呈す。
注意点:早期発見、早期治療で関節破壊、関節の変形を最小限にとどめることが重要になる。
一般的な治療法:消炎鎮痛薬(NSAIDs)、抗リウマチ薬(DMARDs)、ステロイド、生物学的製剤などによる薬物療法が中心となる。関節破壊が進行した場合は手術療法となる。
当院の治療法:関節破壊が進んでいる段階ですと、鍼灸治療は有効ではありません。関節に変形が見られないけれど、リウマトイド因子が陽性で、朝晩のこわばりが気になる、という段階であれば、鍼灸治療は有効です。鍼灸でリウマチ自体を完治させることは困難ですが、関節の変形が見られなければ、こわばりや痛みを軽減させて、QOLを高めることは可能です。
 

疫学:発汗が全く見られない状態を無汗症、発汗が著しく減少した状態を乏汗症または減汗症とする。汗腺の機能的または器質的変化によると考えられる。全身性無汗症、局所性無汗症、先天性無汗症、後天性無汗症などがある。特発性後天性全身性無汗症は難病指定されている。日本国内の患者数は150人程度とされる。
原因:不明。アセチルコリン受容体の異常と考えられている。先天性無汗症の場合は汗腺自体が欠如していることがある。後天性無汗症は脳炎やマラリア、チフスなどの高熱性疾患、シェーグレン症候群、汎発性強皮症、アミロイドーシス、甲状腺機能低下症、間脳性視床下部疾患、多発神経炎、熱射病、脱水症、副交感神経遮断薬の服用などによって発症することがある。
注意点:発汗作用が失われるため、放熱が出来ず、皮膚が乾燥し、コリン性蕁麻疹を併発しやすい。また、高温下では熱中症を発症しやすく、脳に重篤な障害が出たり、死に至る危険性がある。
一般的な治療法:ステロイドパルス療法、ステロイド内服療法、免疫抑制剤などが行われているが、現状では根本的な解決に至っていない。
当院の治療法:現在まで、当院には10人ほどの後天性・全身性無汗症の患者が来院しました。元々の患者数自体が少ないことや、鍼灸が無汗に有効であるということ自体が認知されていないこともあり、来院数はそれほど多くありません。患者から聞き取り調査したところ、ほとんどの患者が無汗症専門を謳う某大学病院で治療を受けていたそうですが、全く改善が見られず、藁にも縋る気持ちで当院へ来院したそうです。当院では特に副交感神経遮断薬の服用によって無汗症が発症することに注目し、器質的異常が見られない無汗症の場合は、自律神経系の異常が原因にあるのではないかと推察しました。発汗は自律神経系によって調節されますが、自律神経節が存在する頸椎、脊椎、仙骨周囲の筋肉が持続的な精神的・肉体的ストレスや過緊張などによって慢性的に硬化し、神経根付近で神経が断続的に圧迫され、発汗障害が引き起こされているのではないかと考えました。そこで、頸部から仙骨まで、十分に刺鍼し、軸索反射や創傷治癒によって筋内の血流を改善させ、神経根の圧迫を取り除くような治療を施しました。結果、数人の患者は刺鍼時の痛みに耐えられなかったのか、2~3回施術した後、来院しなくなりました。残りの5~6人の患者は何とか痛みに耐えてもらい、週1~2回通院して頂きました。早い患者は5回ほどの施術で局所的に発汗が見られ、3か月ほどで全身の発汗を取り戻し、来院しなくなりました。この2~3人はその後来院していないので、経過は不明です。残りの2人の患者は6か月ほどの施術で完治し、腰痛などでたまに来院しますが、4~6年ほど経った今も無汗症は再発していないようです。来院した患者数は少ないですし、大学病院のようなデータをとることは出来ませんでしたが、治癒率は50%程度だと思われます。無汗症の患者はとにかく背中のコリが酷いので、刺鍼時に悲鳴を上げることが多いです。実際に、当院の刺鍼法は難病の概念を覆すほどの効果があるのは事実ですが、刺鍼時特有の響きや痛みを和らげることは難しいため、それに耐えられるかどうかが、完治までの1つの分岐点になります。また、週3日程度、苦しくならない程度ののウォーキングなど、軽い有酸素運動をすることで、全身の血流を改善し、症状を軽減させたり、予防することができます(熱中症などには気を付けて下さい)。さらに、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べて腸内環境を整え、免疫機能の向上とホルモンバランスの改善を図りましょう。 
 

疫学:慢性の軟骨組織のびまん性疼痛を特徴とした疾患。アメリカリウマチ学会が公表している診断基準に基づき、18箇所のうち11箇所に圧痛が見られた場合、線維筋痛症と診断することになっている。20~60歳の女性に多い。リウマチ性疾患に合併することがある。
原因:不明。
一般的な治療法:安心させる。鎮痛薬、抗うつ剤、マイナートランキライザー、漢方薬、ケタミン、オピオイド、フェノバルビタール、交感神経遮断薬、メキシレチンなどの投与、運動療法、心理療法、理学療法、神経ブロック療法、星状神経節ブロック、光線療法など。非ステロイド抗炎症薬やステロイド薬は通常無効とされている。
当院での治療法:線維筋痛症(FMS)は現代病の最たるものですが、医学的には原因不明で、2020年現在でも有効な治療法は発見されていません。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の病態は、線維筋痛症に近似しています。線維筋痛症が認知されるようになったのは、2000年代に入ってからで、南山堂の医学大辞典に載るようになったのは2006年以降です。当時は北陸の某ペインクリニックで鎮痛薬を打つことが患者にとっての唯一の頼みの綱だったようですが、私の師匠である北京堂鍼灸代表、浅野周が線維筋痛症患者を受け入れ始めてから、「ペインクリニックよりも北京堂で施術を受けた方が楽になる」との評判が患者同士のウェブ上のコミュニティで話題になり、2010年頃から、北京堂へ来院する線維筋痛症患者が増えるようになりました。しかし、北京堂で施術しても完治することは稀で、施術後3日程度は症状が寛解するものの、数日すれば元の木阿弥、というのが実際の状況でした。繊維筋痛症患者には特殊な針を使用していたわけですが、北京堂では最初はマニュアル通りに刺鍼し、効果がなければ針の本数を増やしたり、より長く太い針を用いる、というのが定番の治療法でした。当院でも師匠の教え通り、数年間はそのように施術していたわけですが、一定期間施術すると、治りにくくなってくる患者が少なからず出現することがわかりました。そこで、当院では良い刺鍼法を考え出せるまで、3年ほど線維筋痛症の患者の受け入れを断っていたのですが、最新の中医の刺鍼法などを研究しつつ、様々な刺鍼法を試した結果、2019年6月頃に、従来とは全く異なる刺鍼法を考え出しました。そして、この刺鍼法が本当に効果があるのかを試すべく、他の北京堂系鍼灸院を5年ほど放浪し、10人以上の鍼灸師の施術を受けてきたという、「線維筋痛症患者四天王」と呼ばれていた最も難治な某患者の治療を開始しました。この某患者曰く、5年間ほぼ毎週治療しても全く変化が見られなかった肩や臀部、背中の痛みが3回程度の施術で明らかに変化し、施術後3日経っても元の状態に戻るということはなくなり、徐々にではありますが、明らかな改善を実感していただけるようになりました。詳しい刺鍼法についてはここでは述べませんが、この刺鍼法を用いれば、これまで治せなかった患者も治せるのではないかという思いが確信になってきています。また、顎関節症(食いしばりや歯ぎしり)が、かなり繊維筋痛症に影響しているのではないかと、2021年の1月頃から考えるようになりました。顎関節症の主な症状は、歯を強く食いしばることによる側頭筋の痛み、顎の痛み、開口時のクリック音、開口障害などですが、副次的な症状として手足の冷え、イライラ、不眠、自律神経失調などもよくみられます。ある病院での実験によれば、食いしばりや歯ぎしりが常態化した患者は、サーモグラフィ画像で全身の状態を観察すると、手足の体温が低下していることがよくあるそうです。これはつまり、食いしばりや歯ぎしりによって交感神経が優位になり、末梢血管が収縮したことに原因があると推察されますが、これらが常態化すれば、手足の毛細血管が減少したり、慢性的な血液循環不全が起こり、手足の冷えだけでなく、手足の肌荒れ、爪の異常、汗疱(異汗性湿疹、主婦湿疹)、易感染(蜂窩織炎)、そして原因不明の全身の疼痛(線維筋痛症)、交感神経異常による全身の掻痒感やしびれ、発汗異常、睡眠障害、自律神経失調症などが起こりやすくなるようです。したがって、歯ぎしりや食いしばりが常態化した患者においては、以上のような症状は、薬物治療、局所的な治療、対症療法的な治療で完治することは難しく、顎の治療を最優先しない限り、進展がみられないことがよくあります。師匠とたまに会うと、いつも線維筋痛症の患者の話になるわけですが、師匠は線維筋痛症の原因は首にあるのではないかと考えているようです。しかし、私は古代に線維筋痛症のような病態が見られなかったことから、これは明らかに現代病であり、枠賃や農薬、食品添加物、その他様々な薬物が強く影響しているのではないかと考えています。特に、枠賃などに含まれる水銀やアルミニウム(あじゅばんど)などの重金属類や劇薬であるホルムアルデヒド、その他の薬品やサプリメント、食品添加物の原料となる石油やGMOなどは、毎日微量でも摂取し続けることによって、血液中の毒素の残留濃度が高いまま維持され、様々な炎症反応を引き起こす主因になっているのではないかと推察されます。例えば自己免疫疾患や膠原病、アトピーなども線維筋痛症と同様に現代病と言えるでしょう。もちろん、ガンも医学的に言えば炎症の成れ果てですから、現代病と言えるかもしれません。人間の体を作るのは食べ物ですから、まずは食を正しつつ、当院のような鍼施術を同時並行で行えば、完治は難しいとしても、かなり良い状態まで心身を回復させることが可能かもしれません。